スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2次補正、参院で審議入りへ=予算委(時事通信)

 参院予算委員会は26日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して、2009年度第2次補正予算案の総括質疑に入る。質疑に先立ち、菅直人副総理兼財務相が趣旨説明を行う。
 自民党の舛添要一前厚生労働相が最初に質問に立ち、首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」をめぐる問題や、民主党のマニフェスト(政権公約)に反して政府がガソリン税の暫定税率廃止を見送ったことなどを追及。続いて、林芳正政調会長代理が経済財政運営について政府の方針をただす。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

路上に出られなくて試験官殴る 容疑の男逮捕(産経新聞)
首相動静(1月30日)(時事通信)
明石歩道橋事故 元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決(毎日新聞)
<可視化法案>今国会提出「難しい」…千葉法相ら(毎日新聞)
一票の格差 2倍超また「違憲」 広島高裁 国会、対応迫られる(産経新聞)
スポンサーサイト

稲嶺氏当選「日米関係にさらなる緊張」…米紙論評(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は24日付の東京発の記事で、沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場の現行移設計画に反対する稲嶺進氏が勝利したことを、「移設計画を危険にさらすとともに、日米関係にさらなる緊張をもたらす」と論評した。

 同紙は、鳩山首相が「沖縄の人々の声に耳を傾けたい」としていることに触れ、「首相にとって、米国の要請を受け入れることは政治的にさらに困難になった」とした。

 24日付のワシントン・ポスト紙(電子版)も、「日米関係に大きな衝撃を与えるかもしれない小さな街の選挙で、有権者は基地移設に反対する新市長を選んだ」と懸念を示した。

 米政府は24日夜(日本時間25日午前)までは公式の談話を出していない。

ノコギリ、マスクの無言女がコンビニ強盗(読売新聞)
大阪・堺で2人組タクシー強盗(産経新聞)
小沢氏聴取、関与否定=虚偽記載「把握せず」-「裏献金は事実無根」・東京地検(時事通信)
<雑記帳>松井秀喜選手、ハイブリッド型油圧ショベルを運転(毎日新聞)
<脅迫>小沢幹事長宅に実弾?入り郵便 政治姿勢を批判(毎日新聞)

室内物色、気づかれ殺害か…59歳男再逮捕(読売新聞)

 東京都港区南青山のマンションで昨年11月、飲食店経営五十嵐信次(のぶじ)さん(74)が殺害された事件で、警視庁は20日、器物損壊罪で起訴済みの住所不定、無職伊能和夫被告(59)を強盗殺人容疑で再逮捕した。

 伊能被告は黙秘しているが、同庁は、伊能被告が盗み目的で侵入した室内で、五十嵐さんに気づかれたために殺害したとみて、殺害に使われた刃物の特定を急いでいる。

 発表によると、伊能被告は昨年11月15日午後3時頃、五十嵐さん方で室内を物色し、五十嵐さんの首を刃物で刺すなどして殺害した疑い。この前後、現場近くの防犯カメラに伊能被告と似た男が映っていた。

 同庁幹部によると、伊能被告は昨年5月に出所し、埼玉県内の生活保護受給者用施設で寝泊まりしたり、建設現場で働いたりしていたが、事件当時は仕事をしていなかった。事件の2日後、器物損壊容疑で上野署に現行犯逮捕された時の所持金は数百円だった。

<陸山会土地購入>石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁(毎日新聞)
上野動物園 逃げたサル捕獲 6時間後飲食店の地下階段で(毎日新聞)
スギ・ヒノキ花粉の飛散量 昨春の3割(産経新聞)
高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)
流氷の見ごろ 3月下旬まで 気象情報会社が予想(産経新聞)

取り調べテープを再生=菅家さん「自白」、任意性検証-足利事件再審公判(時事通信)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無罪が確定的になっている菅家利和さん(63)の再審第4回公判が21日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれた。足利事件と別の2女児殺害事件(未解決)で、菅家さんが検事の調べにいったん虚偽の「自白」をした様子を録音したテープを再生し、供述の任意性を検証した。取り調べテープが法廷で調べられるのは極めて異例。
 2事件で菅家さんは不起訴となった。地裁は22日までの公判でテープ4本を再生し、担当だった森川大司元検事の証人尋問を行う。21日午前は、森川元検事が足利事件初公判前の92年1月28日、菅家さんを調べた時の録音テープが再生された。 

【関連ニュース】
菅家さん、故郷で除夜の鐘=釈放後、初の年越し
当時の鑑定「ミス見当たらない」=DNA型で科警研所長が証言
菅家さん、足利市民とハイキング=「自由になった感じ」
布川事件の再審開始確定=「自白疑問」の高裁判断支持
1位は「政権交代」=社会部長が選ぶ10大ニュース

【中医協】先進医療12技術の保険導入を了承(医療介護CBニュース)
養鶏場金庫盗んだ容疑=元従業員ら3人逮捕-佐賀県警(時事通信)
<名古屋市>住基ネット離脱へ 河村市長、総務相に伝達(毎日新聞)
小沢氏、聴取応じる方針=東京地検に近く回答へ-規正法違反事件(時事通信)
痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)

バイアグラ 模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)

 性的不能治療薬「バイアグラ」の模造品を販売したとして、愛知県警は18日、同県甚目寺町甚目寺、山口組弘道会系暴力団幹部、西川和光容疑者(49)を商標法違反と薬事法違反容疑で逮捕、名古屋市中村区白子町の組事務所など数カ所を家宅捜索した。

 県警は売り上げが暴力団の資金源になったとみて調べる。県警によると、西川容疑者は「答えたくない」と認否を留保しているという。

 容疑は09年6月11日ごろ、名古屋市港区内で男性会社員(62)に偽バイアグラ5錠を6000円で販売、10月10日ごろには同市西区内で別の男性会社員(54)に10錠を1万2000円で販売したとしている。

 県警生活経済課によると、西川容疑者が扱っていた偽バイアグラは国内で販売されている正規品に比べ、医薬品成分のシルデナフィルを3倍以上含み、心臓に大きな負担を与えるなど副作用の恐れがあるという。西川容疑者は電柱などに携帯電話番号を記載したチラシを張り、電話してきた客に現金と引き換えに渡していた。【中村かさね、山口知】

【関連ニュース】
無許可所持容疑:販売目的でピル 夫婦逮捕 三重
薬「輸入代行」:横行 ブローカー暗躍 「偽薬」届く例も
靴修理会社:偽ブランド品を製造、販売容疑 社長ら逮捕
商標法違反:「笑笑」そっくり看板で居酒屋経営者書類送検
医薬品:ネット輸入、急増 代行業者、ブローカーの影 偽物届くケースも

機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発(読売新聞)
雑記帳 マンボウ「国内最長寿」目指し 山口・下関(毎日新聞)
「水増しの意味、わかるよね」市職員の呆れた実態 公金詐欺事件(産経新聞)
小沢氏が首相と対応協議(時事通信)
震災から15年 中3アンケート ほんの少しの偶然で、私は今、生きている(産経新聞)

書道 平安中期の藤原佐理の書状を初公開 広島県福山市で(毎日新聞)

 書道の大御所、三蹟(さんせき)の一人で平安時代中期に活躍した藤原佐理(ふじわらのすけまさ)の書状「頭弁帖(とうのべんじょう)」が今秋、広島県福山市で初公開される。佐理の真筆6点のうちの1点で、現在の所有者(非公表)から寄贈を受ける同市のふくやま書道美術館が、特別展を企画する。

 同美術館によると、頭弁帖は縦31.1センチ、横48.7センチ。天皇に奏上した内容が届けられず、途中で握りつぶされたことを嘆き訴えたもので、誰にあてた手紙かは不明という。

 佐理が最晩年の55歳、998(長徳4)年に京都で執筆したと推定される。連続する字を一筆で書き連ねる「連綿体」と単独の字で構成する書風は、青壮年期の力強く奔放な書風から、落ち着いた趣に変ぼうを遂げ、成熟を表すものとして評価されている。

 佐理の真筆6点では「離洛帖」と「詩懐紙」が国宝として有名だが、頭弁帖は現行の文化財保護法制定前の旧法で国の重要美術品に指定。06年4月に現所有者から寄託を受けた同美術館が研究・調査を進めていた。

 昨年2月に調査した東京国立博物館学芸研究部の島谷弘幸部長は「流れるような書風と字の絶妙な空間配置に佐理ならではの美意識がうかがえる」と評価している。【豊田将志】

【関連ニュース】
国宝土偶展:「縄文のビーナス」も公開…東京で開幕
国宝土偶展:東京国立博物館で開会式
国宝土偶展:展示作業始まる 上野東京国立博物館
「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気
まいまいクラブ:東京で「等伯」特別鑑賞会

ふんどし姿の奇祭「湯かけ祭り」 八ツ場ダム水没予定地(産経新聞)
張が先勝=囲碁棋聖戦(時事通信)
<雑記帳>松井秀喜選手、ハイブリッド型油圧ショベルを運転(毎日新聞)
5月までに日米合意=普天間移設で首相明言(時事通信)
19世紀ドイツの地図も「竹島は日本領」地図、複数現存(産経新聞)

市長選に関係なく現行案反対=社民幹事長(時事通信)

 社民党の重野安正幹事長は21日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場の問題が争点となっている24日投開票の沖縄県名護市長選について「(結果によって)追い風になるか逆風になるかはあっても、目指すべき方向は変わらない」と述べ、選挙結果に関係なくキャンプ・シュワブ沿岸部(同市辺野古)に移設する現行計画に反対していく考えを強調した。 

【関連ニュース】
下地島移設反対を可決=「普天間」で意見書
首相と自民総裁が直接対決=21日から衆院予算委
同盟協議、来月初旬に実質開始へ=与党幹部とも意見交換
代表質問の詳報=衆院本会議
朝は1問だけに制限=首相の発言のぶれ懸念?

オウム新実被告の死刑確定へ=サリンなど11事件-最高裁(時事通信)
全国議長会「参政権で地方の意見聴くべき」(産経新聞)
【揺らぐ沖縄】与野党なぜ「傍観」 移設先困った民主/ねじれに悩む自民(産経新聞)
行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」-福島(時事通信)
野党、「対検察共闘」発言を批判=菅氏は首相かばう(時事通信)

ハイチ地震、政府が500万ドル無償資金協力へ(読売新聞)

 平野官房長官は14日夕の記者会見で、大地震で被災したハイチに対する緊急支援策を発表した。

 500万ドルを上限とする無償資金協力を実施するほか、テントなどの援助物資(3000万円相当)を供与する。

 また、医療分野での支援を念頭にした現地調査のため、外務省と防衛省、国際協力機構(JICA)の職員で構成する緊急調査チーム(団長・四宮信隆ハイチ大使)を派遣する。

 平野長官は「被害者の方々にお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興を祈念する」と語った。

震災翌日生まれの15歳 伯母の愛に包まれて(産経新聞)
雑誌が電子化したら 半数近くが「購読しない」(産経新聞)
芥川賞は該当作なし(時事通信)
官房長官、検察リーク「あるような気が…」(産経新聞)
“3人で心中”の容疑者を嘱託殺人罪で起訴(産経新聞)

地球生きもの委員会設立へ(産経新聞)

 環境省は19日、生物多様性の保全活動を進めるため「地球生きもの委員会」を25日に設立すると発表した。今年が国連が定める国際生物多様性年であり、10月に名古屋市で生物多様性条約締約国会議(COP10)が開かれることから、記念行事などを通じて国民に生物多様性への取り組みを促す。

 メンバーは岩槻邦男・東大名誉教授や山岸哲・山階鳥類研究所長や歌手で国際自然保護連合(IUCN)親善大使のイルカさんのほか、日本経済団体連合会や経済同友会、日本商工会議所など経済界からも参加する。

 25日には、委員会設立にあわせ新たに「地球いきもの応援団」のメンバーになる歌手の土屋アンナさんや女優の中嶋朋子さんらが出席、自らが生物を守るために何をするかを宣言する予定だ。

【関連記事】
生物多様性 「50年までに現状以上へ」 COP10 日本案を提出
イノシシ捕獲5000頭超 栃木県保護管理計画素案 県民の意見募集
天然記念物シマフクロウを守れ 「国際生物多様性年」スタート
ツシマヤマネコを保護 対馬・下島で数十年ぶり
「ジュゴンの生息環境を破壊」 米環境団体が普天間移設撤回を要求

ハイチに緊急医療チーム、17日にも現地へ(読売新聞)
<NTTドコモ>東京などで通信障害  (毎日新聞)
首相動静(1月17日)(時事通信)
センター試験前に必勝祈願、スパート(産経新聞)
鳩山首相、ハイチ復興支援に全力=アジア中南米フォーラム開幕(時事通信)

<通常国会>野党、日程協議に応じず(毎日新聞)

 18日召集された第174通常国会は、民主党の小沢一郎幹事長の元秘書、石川知裕衆院議員らの逮捕を受け、野党側が「政治とカネ」を巡って攻勢を強めている。政府・与党は21日から衆院予算委員会で09年度2次補正予算案の審議入りを目指しているが、野党側は日程協議に応じる姿勢を見せず、審議のめどは立っていない。

 18日は菅直人副総理兼財務相が財政演説を行った。19日に衆院で代表質問を行い、20日に参院で行う予定。民主党は質問を見送る。

 政府・与党は今後、21日から衆参予算委員会をそれぞれ3日ほど行い、28日に2次補正予算成立、29日に首相の施政方針演説など政府4演説、2月から10年度予算案の審議に入り、3月中に予算を成立させたい考えだ。だが、18日の衆院予算委理事懇談会では、与党側が「21日の審議入り」を強く求めたのに対し、野党側は鳩山由紀夫首相や小沢幹事長の「政治とカネ」の集中審議などを要請。物別れに終わった。19日に再度協議する。【鈴木直、野原大輔】

【関連ニュース】
通常国会:「政治とカネ」最大焦点に 予算審議に影響も
党首討論:補正予算の月内成立条件に開催 3与党が打診へ
通常国会:18日から150日間 「政治とカネ」野党追及
政府・民主党:通常国会に61法案提出へ 野党は対決姿勢
閣僚懇:異例2時間 問題意識を共有

児童相談所新設求め署名 大田区 都議会に請願書提出へ(産経新聞)
シーレーンは他国任せ 海自がインド洋から撤収(産経新聞)
<300日訴訟>「違憲ではない」原告の請求棄却 岡山地裁(毎日新聞)
列車到着時刻の確認怠る=12人けがの衝突事故-北海道(時事通信)
<新型インフル>患者数が5週連続の減少 全国医療機関調査(毎日新聞)

毎日新聞 編集綱領制定記念のつどい…東京(毎日新聞)

 第23回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい「日本が変わる、報道が変わる-検証・政権交代」(毎日新聞労働組合など主催)が11日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。昨年の政権交代を踏まえ、シンポジウム形式で政治報道の果たすべき役割を考えた。

 パネリストは、民主党・副文部科学相の鈴木寛▽自民党・前厚生労働相の舛添要一▽ジャーナリストの上杉隆の3氏。与良正男・毎日新聞論説委員がコーディネーターを務めた。

 政治報道のあり方について、鈴木氏は「政局の動向が重視されるが、政策への関心が薄い。メディアが論議の場を提供してほしい」、舛添氏は「過去の政権批判、官僚依存の報道を脱し、政権交代をきっかけに自己改革を進めてほしい」と求めた。上杉氏は「海外主要紙の東京支局の縮小・撤退が相次いでいるが、取材時の記者クラブの閉鎖性が原因と思う」と記者クラブ改革を訴えた。

【関連ニュース】
毎日新聞:発行物一部を研究機関に寄贈 大阪で搬出作業
中部写真記者協会賞:毎日新聞・竹内幹記者がグランプリに
訃報:丸谷亘さん76歳=前毎日書道会専務理事
毎日新聞:大関・魁皇関を表彰…幕内在位98場所新記録で
毎日スポーツ人賞:GPにWBC日本代表チーム…表彰式

<漁船不明>最後の無線連絡は「波にのまれた」…第2山田丸(毎日新聞)
始業式に送る途中に車転落、中2と祖父死亡(読売新聞)
2万円受け取り、200人が所在不明…派遣村(読売新聞)
救助直前、別の車にひかれる=男性死亡、2台目逃走-福島(時事通信)
<鳩山首相>気分転換 昼食は一般客に交じって順番待ち(毎日新聞)

龍馬「コウカ」期待…国内初、実在人物肖像で硬貨(読売新聞)

 地方自治法施行60周年を記念して財務省が発行している各都道府県にちなんだ記念硬貨で、高知県分のデザインが坂本龍馬像に決まった。

 実在の人物の肖像が硬貨になるのは国内初。県は「土佐・龍馬であい博の盛り上げにも一役買いそう」と喜んでいる。

 1000円銀貨(直径4センチ)と、金銀2色の500円(直径2・6センチ)。いずれも龍馬が右手を懐に入れた写真を基に、上半身や顔を彫り込む。デザインについて県民に意見を募集すると龍馬が1位となり、有識者による委員会も「高知が誇る像がいい」としたことから、採用された。

 1000円硬貨はすべて通信販売で、3月頃から造幣局で申し込みを受け付け、5月頃から発送予定。ケース込み6000円。10万枚を発行予定で、申し込みが多ければ抽選。500円硬貨は7月頃から銀行などで引き換えが始まる。

 記念硬貨は2008、09年度には7道府県にちなんで発行されており、高知は四国では最初となる。1000円硬貨はほとんどの道府県で50万枚以上の希望があり、人気の高い龍馬がデザインされるとあって、県は「100万枚以上の応募があるかも」と予想している。

イルカの餌やりを体験=鹿児島〔地域〕(時事通信)
【ゆうゆうLife】病と生きる 元ボクサー、俳優 赤井英和さん(50)(産経新聞)
<ES細胞>がん抑制遺伝子がスイッチの役割と発見(毎日新聞)
<ソネット>ネット利用料金で取りすぎミス(毎日新聞)
直木賞で宮城谷選考委員が講評「2作は決選投票で同数票」(産経新聞)

【「あの日」の絵】明親小5年1組の震災(3)外に出てビックリ、前の家が消えた(産経新聞)

 ■生きていく力備わった

 15年前の1月17日午前5時46分。父は入院先の病院、母は勤務先の中央市場。両親が不在の中、塩田洋子さん(26)は、神戸市兵庫区の自宅で兄2人と眠っていた。

 自宅マンションは築20年以上。母の美津代さん(59)は激しい揺れに、「きっとぺちゃんこだ」と、泣きながら自転車で帰ってきた。塩田さんはテレビ台と32インチのテレビが「ハ」の字形に転がった間に頭を挟まれたが、けがはなかった。長い髪が引っ張られて痛かったことを今も鮮明に覚えている。

 停電で真っ暗な中、兄が必死に自転車をこいでライトを照らしてくれた。衣服などを持って外へ飛び出すと、向かいの文化住宅が「なくなっていた」。サイレンの音がひっきりなしに響き、長田区や中央区の方角に大きな赤い炎が見えた。恐ろしかった。

 父にもけがはなく、車で学校に避難した。美津代さんは父の世話、避難所の手伝いにと走り回った。ガスは使えなかったが、水はすぐに復旧し、電気鍋が使えたので、お好み焼きを焼いて、友人の家へ届けたりもした。

 食料は中央市場からなんとか調達できたため、配給にはほとんど並ばずに済んだ。申し訳なさそうにする美津代さんに、塩田さんは「神様がみてくれてるからやと思う」と言った。

 幼稚園のころから体が弱く、手のかかる子供だった。足を悪くした父が療養生活を送るなか、美津代さんが仕事と育児、家事に追われる姿を見てきただけに、当時11歳だった塩田さんの母へのねぎらいの言葉だった。

 以来15年。進学、出産…と、いろんなことがあった。今は実家近くのマンションに5歳の息子、悠人(はると)くんと2人で暮らす。保育所に預けて働く日々は何かと大変だが、マイナスに考えることはほとんどない。「命がある限りは大丈夫、何とかなるって思う」

 父はリハビリが奏功して自宅に戻り、家族で顔をそろえて笑いあえる。苦しいこともたくさんあったが、震災を乗り越えた自分に生きていく「力」を感じている。

【関連記事】
震災、後世に語り継げ 神戸・「人と防災未来センター」一新
阪神大震災から15年、雇用創出も地元置き去り
家族と肩寄せ語った53日 阪神大震災
震災から15年 「恐怖が色を奪った」 神戸の画家、鎮魂の作品展
阪神大震災 最後の再建マンションの建て替え工事がほぼ終了

jack pot
ブリリアントワールド
クレジットカード現金化 還元率
ショッピング枠現金化
競馬サイト

大雪 国道の車両56台埋まる 111人救出 北海道(毎日新聞)

 発達した低気圧の影響で、6日の北海道内は太平洋側東部を中心に大雪となった。えりも町から様似町にかけての国道336号では5日夕から暴風雪が強まり、車両56台が雪に埋もれるなどして立ち往生。車内の計111人が消防署員らに救出され、このうち84人がえりも町内の公共施設で一夜を明かした。けが人はなかった。

 えりも町によると、5日午後5時35分ごろ、「吹きだまりで車が埋もれている」と町に通報があり、除雪車などを出動させた。現場付近では多いところで積雪が1.2メートルに達しており、救助作業は6日午前1時まで続いたという。札幌管区気象台によると、えりも町での降り始めからの降雪量は77センチを記録した。【木村光則】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
雪:上信越道で車スリップ、東海道新幹線減速で5万人影響
大雪:雪下ろし73歳死亡 東北などで30~40センチ
雪:東海地方でも 岐阜・白川98センチ、高山31センチ
寒気:金剛山で初冠雪 大阪・奈良

アイマラ語でコミュニケーション
お宝発掘探検隊
債務整理無料相談
債務整理
クレジットカード現金化 即日

<マイクロバス>運転手が走行中に意識不明 乗客の女性、ハンドル握りブレーキ(毎日新聞)

 8日午後4時ごろ、愛媛県東温市則之内(すのうち)の松山自動車道下り線で、同県新居浜市のリーガロイヤルホテル新居浜のマイクロバス(乗客15人)を運転していた同市内の男性運転手(64)が、ハンドルにもたれかかり意識不明となった。県警高速道路交通警察隊によると、マイクロバスは左側の縁石などに数回接触、前から2列目に座っていた乗客の女性(33)が運転手の横からハンドルを操作し、ブレーキをかけ、約1キロ走って停車させた。乗客にけがはなかった。その後、運転手は東温市内の病院に搬送されたが死亡した。

 乗客の一人は「走行中に運転手が手をだらんと下げた。バスが傾いて急に止まった。警官が乗り込んできて運転手に人工呼吸を始めて何が起こったかが分かり、頭の中が真っ白になった」と話した。

 一行は化粧品会社の代理店の販売員らで、同ホテルでの新年会を終え、帰る途中だったという。【村田拓也、栗田亨】

万里の頂上
ノーブル探検記
クレジットカード現金化 比較
競馬サイト
出会いランキング

雑記帳 タコ神社で合格祈願 三重・鳥羽水族館(毎日新聞)

 タコをご神体にした「合格祈願タコ神社」が5日、三重県鳥羽市の鳥羽水族館にお目見えした。英語でタコを意味するオクトパス(置くとパス)の語呂合わせで、願い事を書いたお札をタコツボに置けば合格間違いなし、という趣向だ。

 ご神体のタコは鳥羽沖でかつて捕れた足の数85本と56本を有する2匹の多足ダコの標本。「五角(ごうかく)」形の水槽に鎮座し、「たくさんの吸盤で願い事をピタッと吸い付ける」のが売りとか。

 高校合格を祈願した鳥羽東中3年の道瀬藍利さんは「志望校がぐっと近づいた」と手応えを得た様子。集客力アップの狙いは見事「ツボ」にはまった?【林一茂】

【関連ニュース】
湯島天神:就職、合格「お願い」 絵馬作りが佳境 東京
掘り出しニュース:津軽塗で「滑り止め」、五角で「合格」 験担ぎの鉛筆人気
北乃きい:「キットサクラサク!」と応援 受験生の母・原日出子も応援「キットメール」イベント
合格祈願:津軽塗で「滑らない」鉛筆 全国の文具店で販売
合格祈願:縁起のよい駅名キーホルダー販売

n15bwxqxの日記ブログ管理ツール
わたる世間は○○ばかり
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化

港町が生んだ偉大な功績、丸山 龍馬ら海援隊の人気今も(産経新聞)

 長崎の花柳街・丸山は幕末期、江戸の吉原、京の島原、大阪の新町と並び称される遊郭だった。その一角で、当時からの建物で営業を続けているのが、県の史跡に指定されている「史跡料亭『花月』」だ。

 寛永19(1642)年に創業した前身の「引田屋花月楼」は、江戸時代を通じて丸山で最も格式の高い遊郭とされ、当時も外国商人と取引しようとする各藩の藩士らが盛んに利用していたという。

 坂本龍馬ら海援隊や土佐藩も例外ではなかった。施設内にある資料コーナーでは、海援隊が英国水兵殺害を疑われたイカルス号事件で、龍馬が長崎奉行所に提出した抗議文の下書きなど約50点を展示、幕末の志士の勇躍もしのばせる。

 そして、今も大広間の床柱には、「龍馬がつけた」と伝えられる刀傷が残っている。

 「刀傷については、後に高杉晋作がつけたとか、さまざまな説が出てきたが、店では、まだ龍馬が国民的なヒーローになっていなかった大正や昭和初期の時代から、龍馬がつけた傷という説があった。当時はそれほど有名ではなかった人物であり、龍馬説は店のPRのためとも思えない。だから、むしろ信憑(しんぴょう)性があると思う」

 花月の従業員で、花月史編集プロジェクトリーダーの加藤貴行さん(38)は、こう話す。

                ×    ×

 戦後の高度経済成長期、司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」で一気に知名度が高まった龍馬。長崎にも数多くのファンが生まれ、その熱烈な思いが結実した名所もある。

 市街地や長崎港を見渡す風頭山頂の風頭公園一角に立つ高さ約3メートルの龍馬の銅像は、立案から資金集めまで地元の青年らが進め、平成元年5月に建立された。発起人は筋金入りの龍馬ファンで、焼き鳥店「風雲児焼とり竜馬」を経営する河野健一さん(62)。昭和54年に開業し、全国から口コミで龍馬ファンが集まるようになった。常連たちの前で、「長崎に龍馬の銅像ば建てたかねえ」と口にしたのがきっかけで、建立計画が動き出した。

 計画には、地元の龍馬ファンでつくる「長崎龍馬会」の前会長、柴崎賀広さん(53)が真っ先に賛同した。「全国龍馬社中」の理事を務めるほか、「現代龍馬学会」にも所属するなど、龍馬一途の柴崎さんは、「まるで龍馬になった気分」で計画を推進。昭和62年6月には「龍馬の銅像建つうで会」が発足し、会長として建立に全力を挙げた。

 1千万円を目標に始めた募金は約1200万円に達し、計画のスタートからわずか2年で念願の銅像建立が実現。建立計画を足がかりに、建つうで会はその後、長崎龍馬会に発展し、全国の龍馬ファンの組織と交流などを続けている。

                ×    ×

 長崎を拠点に、龍馬自身も活動の舞台を広げ、数々の功績を残した。

 「歴史に残る龍馬の仕事のほとんどが、長崎に本拠地を持って以降。薩長同盟の実現、第2次幕長戦争での海戦、五箇条の御誓文の原型とされる船中八策の作成、大政奉還の立案、みんなそう。その長崎が、龍馬を忘れちゃいかんと思うたと」。柴崎さんは、龍馬に寄せる思いを熱っぽく語る。

 幕末当時、すでに横浜、函館、兵庫なども米英などに開港されていたが、長崎は長い鎖国の間もオランダ、中国との貿易が認められていた。

 司馬遼太郎は「竜馬がゆく」の中で、龍馬に「勝(海舟)先生、京のさきは大阪にすぎず、江戸のさきは小田原にすぎませんが、長崎のむこうは上海ですな」と語らせている。

 龍馬にとって、大きな飛躍の地となった港町・長崎。龍馬と長崎のかかわりについて、河野さんはこう指摘する。

 「龍馬は長崎の人やなかし、実際に住んだ期間は短かばってん、当時、日本で最も海外に向かって開かれていた長崎の街がなければ、亀山社中も海援隊も生まれんかったと思う」

                   ◇

 「龍馬と長崎」 龍馬が元治元(1864)年、初めて長崎を訪れたときの滞在日数は2月から4月にかけての41日間。約1年半後に亀山社中を結成するが、龍馬自身は京都、大坂、長州、薩摩を飛び回り、長崎にあまり落ち着いていない。その後の長崎での主な業績は、慶応3(1867)年春の海援隊の結成、同年5月のいろは丸沈没による紀州藩との賠償交渉、8月から9月にかけてのイカルス号事件の処理などがある。9月18日には、長州、土佐経由で兵庫に向けて長崎を出帆。11月15日に京都で暗殺され、長崎に戻ることはなかった。12月中旬には、長崎で海援隊士らによる慰霊祭が営まれている。(服部幸一)

【関連記事】
「龍馬伝」“幕末金八先生シリーズ第2弾”
龍馬の船「いろは丸」就航 ちょっぴり小さめ…ゆかりの福山
NHKに「龍馬伝」「坂の上の雲」で「PR番組多すぎる」との苦情
広末、“龍馬”福山との「純愛頑張ります」
「龍馬伝」初回は23.2% 「天地人」より下回る

IT系よりNG系
c3etq13qのブログ
携帯ホームページ
無料ホームページ
クレジットカード現金化

昨年の台風18号情報、気象庁が経路修正 「ウェザーニューズ」勝利宣言(産経新聞)

 昨年10月に日本列島に上陸、縦断した台風18号をめぐり、気象情報会社「ウェザーニューズ」(WN、本社・東京)が気象庁と異なる独自の上陸情報を同社のホームページ(HP)上に掲載した問題で、速報時に「18号は三重県の志摩半島を迂回(うかい)した」としていた気象庁が、確定経路図では微妙ながらもWN社の主張通り、志摩半島を横切ったと修正していたことが5日、分かった。

 18号については、気象庁が昨年10月8日午前5時過ぎに「愛知県の知多半島に上陸」と発表し、WN社は同日午前4時ごろ、HPなどに「三重県志摩市に上陸」と掲載して志摩半島を横切ったと主張。これに対し気象庁は「独自上陸情報は予報業務の範囲を逸脱した」としてWN社に口頭注意を行っていた。

 気象庁が出した18号の確定経路図は、WN社のように志摩半島を縦断する形をとっていないが、備考として「8日4時過ぎ、(志摩半島先端の)三重県大王崎付近を通過した」と記載。台風の中心が小さい島や半島を横切ったことを示す「通過」という気象用語を使い、志摩半島を横切ったことを認めた。

 WN社は「少なくとも上陸地点の速報では、われわれの主張が正しかったことが証明された」と勝利宣言。気象庁は「経路の変更は海上保安庁の灯台のデータを解析したのが大きかった。速報時の経路は当時の最善の解析の結果。どちらが正しいとは言い難い」と話している。

【関連記事】
気象庁の「桜の開花予想」終了 「あとは民間事業者で」
「関心薄れる」と時間遅らせた気象庁 台風の温帯低気圧化で波紋
天気予報は誰のモノ? 気象庁の情報に隠された真実は… どうなる官民バトルの行く末
ウェザーニューズ、気象庁に宣戦布告!? 独自情報の掲載は「業務逸脱していない」
業務逸脱?気象庁とウェザーニューズ大バトル

i1izof9nのブログ
海釣りキャプテン
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化

車全焼、運転席に遺体=北九州(時事通信)

 8日午前5時15分ごろ、北九州市八幡東区尾倉の道路脇で、乗用車が炎上しているのを付近を散歩中の男性が見つけ119番した。車は全焼し、運転席から遺体が発見された。福岡県警八幡東署は身元の確認を急ぐとともに、詳しい出火原因などを調べている。
 同署によると、遺体の損傷がひどく、性別や年齢も判別できない状態だという。 

【関連ニュース】
火災相次ぎ、2人死亡=筑西市で2件
早朝住宅火災、3人死亡=3世代9~82歳女性
早朝住宅火災、3人死亡=3世代9~82歳か
昼火事で民家全焼、2人死亡=高齢夫婦か
老人ホームで火災、1人死亡=兵庫

最近の漁師事情
Porter23のブログ
クレジットカード現金化 比較
無料携帯ホームページ
アフィリエイト ホームページ

<自閉症>感情の神経機能低下が関係 脳断層撮影で浜松医大(毎日新聞)

 自閉症患者の脳では、感情などをつかさどる神経が十分に機能していないことを、浜松医科大などが陽電子放射断層撮影(PET)を使って初めて明らかにした。自閉症の治療や予防に役立つ成果として注目される。5日付の米専門誌「精神医学アーカイブス」に発表した。

 自閉症は発達障害の一つで、「相手の気持ちが読めない」「自分の気持ちを伝えられない」「強いこだわりを持つ」などコミュニケーションや社会性の低下が特徴。程度や症状には幅があるが、小学生以下では50~100人に1人の割合で患者がいると推定される。原因は特定されておらず治療法もないため、「育て方が悪い」などの誤解が今も根強い。

 研究チームは、18~26歳の男性自閉症患者20人と健康な男性20人の脳を、研究目的に限定した専用のPETで撮影した。分析の結果、感情などを伝える「セロトニン神経」内部で、神経伝達物質のセロトニンを取り込むたんぱく質の働きが、患者の脳全体で健康な人より低くなっていた。中でも他人の気持ちを推し量る部位などでの機能低下が目立った。

 自閉症の原因については、関連する遺伝子が複数指摘されており、チームはこれらの遺伝子の異常が、今回分かった神経の障害を起こしている可能性があるとみている。

 チームの森則夫・浜松医科大教授(精神神経医学)は「自閉症は育て方とは関係なく、神経に障害が存在することが明確になった。治療・予防につながる標的が見えた意味は大きい」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
<「自閉症」とは>
バリアフリーリンク集
ボネール監督に聞く 自閉症の妹を撮影「身内を撮るのは難しかった」
ディーゼル排ガス:胎児に影響、自閉症発症の可能性--東京理科大などが研究
ネコのあくび:電車の人

しげおのブログ
o6cr4n1dの日記ブログ管理ツール
クレジットカード現金化 比較
無料ホームページ
携帯ホームページ

大たいまつを引き回し…筑後「鬼の修正会」(読売新聞)

 福岡県筑後市熊野の熊野神社で5日夜、伝統の「鬼の修正会(しゅじょうえ) 追儺祭(ついなさい)」が行われた。締め込み姿の若者たちが、燃え盛る大たいまつを勇壮に引き回した。

 五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈る神事で、県無形民俗文化財に指定されている。約500年前から続くとされ、地元住民でつくる神社保存会が継承している。

 午後9時、竹を束ねて作った長さ15メートル、直径1・5メートルの大たいまつの先端に御神火を点火。炎が夜空を焦がすように上がり、火花が散った。上半身裸で鉢巻き姿の男たちが杉の棒で大たいまつを持ち上げ、「ワッショイ、ワッショイ」と声をかけながら、約1時間かけて神殿を3周した。

 参加者が減少傾向にある中、今回は例年より多かったという。中学3年以来、毎年参加している近くの看護師三浦司さん(36)は「昨年は途中で火を落としてしまったが、今年は落とさずに回ることができた。きっといい年になる」と話していた。(渡辺直樹)

日本海側釣りのポイント
2010年お祭り最高
モバイル ホームページ
即日現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
プロフィール

ミスターまなぶこぐれ

Author:ミスターまなぶこぐれ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。